新着情報

新着情報:2008年08月分

« 2008年07月 | | 2008年09月 »

2008年08月28日:夏休み

遅い夏休みをとって宮古島と下地島と伊良部島をまわって来ました。とくに宮古島の吉野海岸のさんご礁と魚はすばらしかったです。料理もめずらしいものがおおくて、宮古そばもなかなかおいしかったです。写真は下地島の空港の近くの写真です。「風景だけを見たい?」という方も多いと思いましてもう1枚写真をのせました。
                             54540095.JPG
                 
                             54540093.JPG

ページのトップに戻る

 

2008年08月21日:夏休み

8月22日金曜日より8月25日月曜日まで夏休みのため休診いたします。去年は北に行ったので今年の夏は南にいってきます。休み明けはリフレッシュして頑張る予定です。

ページのトップに戻る

 

2008年08月16日:入れ歯よりずっと咬めます。

下顎に入れ歯(コーヌスクローネ)を使っておりましたが、歯根が破折したためにインプラントにすることになりました。顎の骨が少ないので人工骨を使って骨の厚みを増してインプラントを7本埋入しております。上顎も骨の厚みがないので人工骨を使って骨の厚みを増してインプラントを2本埋入しております。今後の予定は前歯と左上にもインプラントをいれていくことになっております。仮歯の状態でも、患者さんは「入れ歯よりずっと咬めます。」とおっしゃっておりました。
                              %E5%A5%A5%E7%94%B0%E2%91%A0.jpg

ページのトップに戻る

 

2008年08月12日:「うちではできない。」と言われて③

他院で「うちではできない。」といわれて当院でインプラント治療をうけられている患者さんです。1月に上顎にサイナスリフトと同時にインプラントを3本埋入して、その後すぐに下顎にインプラントを3埋入しました。上下のインプラントに土台がはいって仮歯で咬んでいただいております。このインプラントの仮歯で問題のないことを確かめたうえで最終的な歯に置き換えていきます。
                               %E5%AE%A4%E5%B2%A1%E2%91%A2.jpg

ページのトップに戻る

 

2008年08月03日:ピエゾサージェリー

インプラントの外科手術や歯周外科や根管治療などのいろいろな治療で使用可能な器具です。とくにインプラントの手術で骨造成をする際に時間の短縮、安全性などに非常に貢献するといわれております。サイナスリフト(上顎挙上術)や顎堤造生術などの骨造成をする際に使用する予定です。ピエゾは硬い骨は切れるのですが、軟組織である膜や血管などは切れないどいわれており、インプラントの手術にこれからは多く使われると思います。ヨーロッパで広く使われていましたが、アメリカのインプラントの臨床家もその有用性を認め使用するようになってきました。新しいピエゾは今回日本に40台はいったそうです。当院も1台導入しましたので、これから早速使用する予定です。
                          DSC_0006.JPG

                           DSC_0007.JPG

ページのトップに戻る