新着情報

新着情報:2008年10月分

« 2008年09月 | | 2008年11月 »

2008年10月28日:上の歯はブリッジで。

上下にインプラントを入れられている患者さんです。下の歯は義歯を4本のインプラントで支えており、7年経過しております。いままでにこれといった問題もなく、順調に経過しております。上の顎にはインプラントを8本いれて、ブリッジにする予定です。写真は、前歯に2本のインプラントを埋入した直後のレントゲン写真です。術後の腫れや痛みもほとんどなかったそうです。左右の奥歯はどちらも、サイナスフロアエレベーションを同時におこなって、骨の厚みを増しています。
                               %E4%B8%8A%E5%9D%AA%E2%91%A3.jpg

ページのトップに戻る

 

2008年10月25日:日本酒の美味しい季節になってきました。

だんだん、季節も日本酒が美味しく感じる季節になってきました。私も若い頃は日本酒はあまり好きではありませんでしたが、最近の日本酒は一頃に比べて本当においしくなってきました。香りもフルーティーで飲み口もほんとうにいいものがたくさんでております。写真はにごり酒と煮魚ですが、ベストマッチでした。
                            DSC00153.JPG
                            DSC00154.JPG

ページのトップに戻る

 

2008年10月21日:2年に1本増えています。

患者さんのご希望で2年に1本づつインプラントを埋入することになり、今月治療が終わりました。インプラントも初期はIТI社のインプラント、次はジンマー社のインプラントそして近年はJМM社のインプラントにかわっております。技術的にも骨造成の初期の技術を使い始めたころからサイナスフロアエレベーションまで使用しております。ひとりの患者さんですが技術の進歩をあらためてかんじます。本当にお疲れ様でした。
                           %E4%BD%90%E8%97%A4%E2%91%A1.jpg
「外食の時に入れ歯のように気をつかわなくてよくなりました。」とおっしゃっていました。

ページのトップに戻る

 

2008年10月14日:かなり、迷われました。

下の奥歯がないために、入れ歯をおいれになっておられましたが、どうしても入れ歯になじめなかったそうです。インプラントをいれられるかどうか、かなり迷われていましたが、今回決心されてインプラントを両側にいれられることになりました。骨の造成と同時にインプラントを4本埋入しました。今度は反対側にもインプラントをおいれになる予定です。
                             %E5%B2%A9%E4%B8%8B%E2%91%A1.jpg

ページのトップに戻る

 

2008年10月08日:歯が割れてしまって

下の両側の奥歯が割れてしまったため、インプラント治療を選択されました。左右とも骨造成後にインプラントを埋入しております。長い間に上下の歯の咬み合せも不正になっていましたので、できるだけ左右対称かつ左右同高になるように歯をつくりなおしていれております。インプラント治療は咬み合せの調整も非常に大切です。現在仮歯の状態ですが、よく咬めるとのことです。写真は術前と術中のものです。
                             %E6%B0%B8%E7%80%AC%E2%91%A0.jpg
                             %E6%B0%B8%E7%80%AC%E2%91%A1.jpg

ページのトップに戻る