新着情報

新着情報:2009年01月分

« 2008年12月 | | 2009年02月 »

2009年01月31日:頂いた感想に感激しました。

先日のインプラントの手術の翌日の消毒の際に、感想と経過をわざわざパソコンでうったお手紙を頂きました。
特にお願いしたのではありませんが、スタッフをふくめてのかわうち歯科のスキルとチームワークまでを緊張されていた術中にわかっていただいたことが驚きとともに感激いたしました。以下ご紹介いたします。

 手術に際し、先生を始め、看護師さんたちの温かい対応がとても安心して手術に向かうことができました。

 あとになって、「工事のような (笑)、手術だなぁ」と苦笑したりしましたが、すべて、案ずるよりも産むが易しでした。でも、これは「かわうち歯科」の先生と全スタッフのスキルとチームワークのたまものだったと痛感しています。施術中、一切の無駄もなく迅速に進み、わずか、1時間15分と言うスピードはいかに患者側にとってのおおきな救いでした。

 先生の温かい手(体温)も、もしかしたら、手術の器具も温かくなっていたように感じました。これも配慮だったと信じています。ステンレスのあの冷たい感触は施術中の患者にはつらいものです。また、可愛いぬいぐるみを手渡されたことも有り難かったと思っています。ふわふわとした手触りさえも、(私は)恐怖心を半減できたように感じました。

 小学生の時は『歯のよい子賞』なる賞状をもらったくらい歯が丈夫だったのですが、成人になり、仕事にかまけて歯科検診を怠った罰だったと反省し、今後はこのはインプラントと今ある歯を大切にしなければと自分に言い聞かせています。

 今後はまだまだ術後の経過観察や治療があると思いますが、先生と全スタッフの方々を信頼して、継続して行きます。今後とも宜しくお願いします。

診察中はこのような報告とご挨拶ができませので文章に致しました。
本当にありがとうございました。心より感謝しています。
DSC00809.JPG

DSC00810.JPG

 

 

ページのトップに戻る

 

2009年01月29日:本日のオペ(インプラント費用)

木曜日は毎週インプラントのオペ日としております。本日のオペは下顎の両側に1本ずつインプラントを埋入しました。最近ではめずらしいくらいのシンプルなオペで麻酔が終わって約40分で終了しました。骨が十分ありましたので、骨造成も必要なく短時間でおわりました。今日は患者さんとっても楽でよかったとおもいました。簡単な手術であれば、手術費用も安くなります。、また、若い方などでインプラントは必要だが、インプラント費用が出せない方などに簡単で治療費の安いインプラントができないか検討中です。もちろん、インプラント手術の安全性と質を維持していくことを前提としてです。

ページのトップに戻る

 

2009年01月29日:美味しいイタリアン

イタリアンのアンチパスタに生ハムとメロン、飲み物は赤ワインのキャンティー、などを飲みながら、パスタや肉か魚をたのみますが、個人的には、魚のソテーのほうがあっさりとしてすきです。鰯やイサキなど美味しいですね。写真は金目のソテーとパスタです。特に金目は美味しかったです。美味しいものを食べると幸せになるって本当ですね。
                            07410001.JPG
                            07410002.JPG

ページのトップに戻る

 

2009年01月23日:スプリットクレフト(ピエゾサージェリー)

大学病院で14年前に「あなたの骨は薄いので無理だ」と言われて、当院を受診されました。CТの検査でも非常に骨が薄いとわかりましたので、ピエゾを使ってスプリットクレフト法でインプラントを埋入することにいたしました。骨にピエゾで切れ目を入れて少しずつ開いていき、そこにインプラントを4本埋入いたしました。開いた骨の間とまわりにも人工骨をいれて骨造成もしてあります。中央の前歯の隣の部分は骨があまりにもなかったので今回は骨造成だけにして次回インプラント埋入予定です。術後の腫れも思ったよりは少なくてほっとしました。骨造成は手術時と同じくらい術後の管理が大事です。成功するためには、術後のうがいの方法や薬、入れ歯の調整などいろいろと注意しなければならないことが多くあります。写真は術前とインプラント埋入直後のレントゲン写真です。
                               %E9%96%A2%E2%91%A0.jpg height="200" />%E9%96%A2%E2%91%A1.jpg

                               

ページのトップに戻る

 

2009年01月20日:前歯にもインプラント

多くの歯を失っている場合はインプラントを順番にいれていきます。まずは咬み合せのできる部分に上下インプラントをいれて、咬み合せができるだけ早く」できるようにします。次にその他の部分にインプラントをいれていきます。今回は前歯にインプラントを2本足しました。前歯の部分の骨が非常に少なかったため、以前に骨造成をおこなっております。その後、インプラント埋入時にもう一度骨造成をおこないました。約5~6ヶ月後に咬めるようになる予定です。現在、上の顎に6本、下の顎に2本のインプラントがはいっておりますのでもうすぐきちんと咬めるようになるでしょう。
                             %E5%B1%B1%E8%B0%B7%E2%91%A3.jpg

ページのトップに戻る

 

2009年01月19日:美味しいイタリアン

当院の食事会でよくでかけるイタリアンのお店です。石神井公園北口でてすぐにあるこじんまりとしたお店でとてもおいしいですよ。味付けがしっかりとしていて、いろんなお料理が出ておなかいっぱいになります。どれをたべてもはずれません。ワインとビールがどんどんすすんでいつもできあがってしまいます。写真は前菜と自家製パンとリゾットです。どれも美味しかったですよ。
                          07410006.JPG
                          07410004.JPG
                          07410003.JPG
お店の名前は石神井公園のシェブというイタリアンレストランです。

ページのトップに戻る

 

2009年01月17日:ピエゾサージェリー(上顎洞隔壁除去)

上の顎の奥歯の部分に骨が少ない場合は上顎洞の造骨が必要となります。ただ上顎洞には隔壁があり、その高さや幅によって手術の難易度が何倍も難しいものとなります。写真は10ミリの高さの隔壁をピゾサージェリーを使用してウォ―ルオフした部分から削除して、サイナスフロアエレべーションしたものです。近心部分はシュナイダー膜に穴があいたため、次回インプラント埋入時に骨造成します。この手術の難しさがわかる方はかなり症例をおもちの方だと思います。
                               %E9%95%B7%E8%B0%B7%E5%B7%9D%E2%91%A1.jpg
                               %E9%95%B7%E8%B0%B7%E5%B7%9D%E2%91%A2.jpg

ページのトップに戻る

 

2009年01月13日:蔵王③

蔵王スキー場で3年ぶりにスキーをはいてみました。最近の板はカービングスキーが主流で以前に比べて曲がりやすく板が短い分取り扱いが楽です。また、蔵王は雪質が非常に良くて多少下手でも、新潟のスキー場に比べてすべりやすいかったです。ただ、日頃の運動不足による足の筋力の衰えか、3回も転倒してしまいました。今年は食べ歩きとともに運動もしなければと考えております。当日は雪がかなり降っていましたので、さすがにすこし寒かったです。
                            DSC00799.JPG

ページのトップに戻る

 

2009年01月10日:蔵王②

山形といえば山形牛、米沢牛などの名前がついたおいしい牛肉があります。駅弁にも「牛肉ど真ん中弁当」などが販売されており、おいしい牛の産地として有名です。蔵王スキー場の山頂駅のレストランにも山形牛?のステーキ丼がありました。ボリューム満点で結構おいしかったです。以前のスキー場では、カレーとかラーメンとか食べられる物が限られていましたが、最近は美味しいものがいっぱいあるみたいです。       
                             DSC00794.JPG

ページのトップに戻る

 

2009年01月07日:蔵王①

新年、明けましておめでとうございます。
今年もよろしくおねがいいたします。
昨年の暮れに蔵王に行ってまいりました。蔵王国際ホテルというところに泊まったのですが、そこの温泉は、非常に良かったです。渡り廊下や浴場に大きな木が使われていて気持ちがいいうえに、夜、まわりが湯気であまり見えない程度の明かりが灯っていてとても趣がありました。温泉も硫黄泉のかけ流しで、いままで行った温泉のなかでも№1のおすすめです。露天風呂もまわりが雪景色でとてもきれいですが、ただ、少し寒いです。雪が降ったときのために傘と蓑傘が用意されておりました。写真は山頂駅で撮った樹氷です。
                          DSC00796.JPG

ページのトップに戻る