新着情報

新着情報:2009年01月31日分

« 本日のオペ(インプラント費用) | | 歯に効くツボ? »

2009年01月31日:頂いた感想に感激しました。

先日のインプラントの手術の翌日の消毒の際に、感想と経過をわざわざパソコンでうったお手紙を頂きました。
特にお願いしたのではありませんが、スタッフをふくめてのかわうち歯科のスキルとチームワークまでを緊張されていた術中にわかっていただいたことが驚きとともに感激いたしました。以下ご紹介いたします。

 手術に際し、先生を始め、看護師さんたちの温かい対応がとても安心して手術に向かうことができました。

 あとになって、「工事のような (笑)、手術だなぁ」と苦笑したりしましたが、すべて、案ずるよりも産むが易しでした。でも、これは「かわうち歯科」の先生と全スタッフのスキルとチームワークのたまものだったと痛感しています。施術中、一切の無駄もなく迅速に進み、わずか、1時間15分と言うスピードはいかに患者側にとってのおおきな救いでした。

 先生の温かい手(体温)も、もしかしたら、手術の器具も温かくなっていたように感じました。これも配慮だったと信じています。ステンレスのあの冷たい感触は施術中の患者にはつらいものです。また、可愛いぬいぐるみを手渡されたことも有り難かったと思っています。ふわふわとした手触りさえも、(私は)恐怖心を半減できたように感じました。

 小学生の時は『歯のよい子賞』なる賞状をもらったくらい歯が丈夫だったのですが、成人になり、仕事にかまけて歯科検診を怠った罰だったと反省し、今後はこのはインプラントと今ある歯を大切にしなければと自分に言い聞かせています。

 今後はまだまだ術後の経過観察や治療があると思いますが、先生と全スタッフの方々を信頼して、継続して行きます。今後とも宜しくお願いします。

診察中はこのような報告とご挨拶ができませので文章に致しました。
本当にありがとうございました。心より感謝しています。
DSC00809.JPG

DSC00810.JPG

 

 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.mediwill3.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/1585

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)