新着情報

新着情報:2009年08月11日分

« 最年少 | | ピエゾサージェリーでサイナスリフト »

2009年08月11日:矯正⇒インプラント治療へ

かわうち歯科のかわうちです。東京都練馬区にてインプラント、審美歯科、矯正に特化して診療しております。矯正治療を10年位されていた患者さんです。犬歯の部分がでてこなくて相談に来られました。これまでの経緯から犬歯をうまく誘導できない可能性が高いということと、前歯の歯根が吸収していることから、インプラントを段階的に入れていくことになりました。

                               %E5%B7%9D%E6%B5%AA%E2%91%A0.jpg

術前のレントゲン写真です。犬歯は埋伏して側切歯の歯根は吸収しております。そこで犬歯を抜歯してGBR(骨再生療法)を応用してまず骨を造りました。

                               %E5%B7%9D%E6%B5%AA%E2%91%A1.jpg

骨再生療法後のレントゲン写真です。この状態で5ヶ月待ちました。その後インプラントを埋入して5ヶ月待って歯を入れました。

                               %E5%B7%9D%E6%B5%AA%E2%91%A2.jpg


インプラントの上部構造が入った状態のレントゲン写真です。矯正装置もはずしてすっきりしています。

                               DSC_0003.JPG


口腔内の写真です。アバットメント(土台)が入った状態です。金色に見える部分がインプラントにつないだ土台です。

                               DSC_0005.JPG


                              

セラミックの歯が入った状態です。まわりの歯とくらべても、とても自然な状態です。しばらくこの状態で使っていただいて、隣の歯に問題がおこればまたインプラントを足していく予定です。今回は段階法しかできないケースでしたが、隣の歯かあるいは、その隣にインプラントを入れる場合は抜歯即時埋入にする予定です。患者さんは若い方で歯が入って非常に喜ばれておりました。
かわうち歯科では、インプラント、矯正、審美歯科についての無料相談を承っております。メールによるご相談も受付中です。お気軽にご連絡ください。


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.mediwill3.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/1836

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)