新着情報

新着情報:2010年01月23日分

« 親知らず | | 土佐の一本釣り »

2010年01月23日:骨のないところにインプラントを

かわうち歯科のかわうちです。東京都練馬区にてインプラント、審美歯科、矯正に特化して診療しております。まるで骨のない部分でもある程度の条件と技術力があれば、インプラントを入れることは可能です。右下の奥歯が咬合性外傷と歯周病のために歯根の先まで骨が吸収しておりました。gbr(骨造成)をまずインプラント埋入に先立っておこないましたが、下顎管に近接しすぎて気持ち悪いくらいでした。相当量の人工骨を使用して数ヶ月待ってインプラントを埋入しております。写真は術後6ヶ月のものと術前の写真です。術後のインプラントの周りの白い部分はすべて人口骨です。また、インプラントの上の歯はもともと頬側に移動しておりましたので、矯正用ミニインプラントを使って部分矯正もしました。術後、その歯はしっかりインプラントとかみ合うようになったので、患者さんにお聞きしたところ、「咬むのが楽になりました。」とおっしゃっておりました。

                            %E5%AE%AE%E7%94%B0%E7%BE%8E%E7%B4%80%E2%91%A3.jpg

     
                          %E5%AE%AE%E7%94%B0%E7%BE%8E%E7%B4%80%E2%91%A4.jpg

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.mediwill3.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/2009

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)