新着情報

新着情報:2010年05月28日分

« ピエゾサージェリー | | インプラント矯正 »

2010年05月28日:骨がなくなっていてもインプラント

かわうち歯科のかわうちです。東京都練馬区にてインプラント、審美歯科、矯正に特化して診療しております。下顎の奥歯がいつも腫れてお困りだった患者さんです。レントゲンで確認すると歯根が割れていて、保存不可能で抜歯となりました。インプラントを埋入して同時に骨造成しようと試みましたが、あまりに骨がなくて、骨造成のみとなりました。最初の写真は骨造成後のレントゲン写真です。まだ完全に骨化しておらず、石灰化が十分ではないようです。後日、骨ができたことをかくにんして、インプラントを埋入しました。本日上部構造(歯)をつけましたので、レントゲンを撮って確認したところ、インプラントの周りの骨はしっかりと石灰化が進んでおりました。インプラントの後ろにある白い部分はほとんど人工骨です。2枚目のレントゲン写真が本日撮った写真です。最近の歯科治療は以前に比べてかなり進歩していて、このように骨が相当なくなっていても、インプラント治療は可能です。

                             %E6%B1%9F%E5%8F%A3%E2%91%A1.jpg


                              %E6%B1%9F%E5%8F%A3%E2%91%A4.jpg

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.mediwill3.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/2143

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)