新着情報

新着情報:2010年07月27日分

« 難しい親知らずと難しいインプラントおまかせください。 | | 親知らずをまた抜きたい »

2010年07月27日:歯肉がいつも膿んでいる

かわうち歯科のかわうちです。東京都練馬区にてインプラント、審美歯科、矯正に特化して診療しております。いつも歯肉が膿んでいて違和感のあった患者さんです。レントゲンで確認すると歯根が破折しておりそのせいで違和感がとれなかったようです。抜歯後インプラントを埋入したのですが、長い間我慢されてきたので、骨が相当量なくなっており、インプラントの長さの半分を超える量の骨造成が必要でした。歯を抜きたくないお気持ちはよくわかりますが、あまり我慢をされるのも考え物です。違和感が続いて治らない方は早めに歯科医院を受診されることをお奨めします。
写真はインプラント埋入直後のレントゲン写真です。もちろん十分な骨造成を同時におこなっております。これで審美的にも綺麗な歯が入るはずです。

                             %E6%96%B0%E7%94%B0%E9%87%8C%E7%BE%8E%E2%91%A2.jpg

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.mediwill3.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/2187

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)