新着情報

新着情報:2011年03月31日分

« 歯を抜歯してインプラントを入れて仮歯まで | | だんだんと咬めるようになってきました。 »

2011年03月31日:ブラキシズム

かわうち歯科のかわうちです。本日はインプラントのオペ日で80代の患者さんの左下にインプラントを1本お入れしました。最近、高齢の方にはできるだけお体に負荷が掛からないように手術時間を短くするように心がけております。本日は骨の量がありましたので、15分くらいで終了でしました。大変お疲れ様でした。最近の歯科治療はどんどん変わってきており、以前は考えられなかった治療法が機器の発達や材料の進歩から可能になってきております。たとえば、ブラキシズムの治療法がそうです。ブラキズム(歯軋りやくいしばり)も100パーセントの人がおこなっていることが最近わかってきました。そのうち15分以内であればあまり害がないそうですが、それ以上たとえば40分くらいブラキシズムをすると問題がおきてくるそうです。新しい治療法としてブラキシズムを調べるブラックスチェッカーを使って診断し治療する方法があります。以前はマウスピースだけを使うことが多かったのですが、矯正治療も含めてかみ合わせを正確に治すことで予知性の高い治療がおこなえるようになってきているようです。経験とか感とかに頼らないだれにでもわかる治療法がこれからもどんどんと出てくるといいですね。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.mediwill3.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/2332

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)