新着情報

新着情報:2011年04月19日分

« 親知らず | | 左右同時にインプラント »

2011年04月19日:歯周病で失った歯にインプラントを

かわうち歯科のかわうちです。歯周病は歯の周りの組織が細菌の感染により少しずつなくなっていく病気と言えますが、この歯周病によって歯を失うとだんだん咬むところが少なくなってかみ合わせの力を負担する歯の数が減ってきます。その結果残った歯に過度な力が集中してさらに歯を失っていくという悪循環におちいります。最近のはやりでいうところの負のスパイラルとでも言うのでしょうか。この患者さんも最初は歯周病でブリッジの部分が悪くなり、次に入れ歯を入れられましたがさらに悪くなり、あちこちの歯周病の部分が腫れたりしてお悩みになっておりました。インプラントは歯がだめになったところから順番にお入れしていきました。まずはじめに下顎の左側に2本そして右側に2本、今回上顎に2本追加してインプラント治療が終わりました。 インプラント治療を行う前は「また腫れたよ。」とよくおっしゃっておりましたが、最近は「口の中が気にならなくなった。」とおっしゃっております。インプラントがお口に入ることで前歯を含めて残った歯にかみ合わせの力が集中しないことで、それらの歯が長持ちすることになります。下顎の骨造成や上顎のサイナスリフトなども同時におこない盛りだくさんの治療でしたが、無事ゴールに到着しました。大変お疲れ様でした。これからはメインテナンスに来ていただいて、できるだけインプラントと残りの歯が長持ちするように頑張りましょう。写真はインプラント治療終了後のレントゲン写真です。ここからがスタートです。

                             %E5%9D%AA%E6%B0%B4%E3%80%80%E5%81%A5%E5%A4%AA%E9%83%8E%E2%91%A7.jpg

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.mediwill3.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/2347

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)