新着情報

新着情報:2011年06月16日分

« 歯を残す処置をしてからインプラントへ | | 出張インプラント治療 »

2011年06月16日:インプラント治療はやり直し可能です。

かわうち歯科のかわうちです。インプラントは一度入れるとやり直しできないとお考えになっている患者さんがよくおられますが、インプラントは骨を作り直すことでまた入れることができるのです。この患者さんは20年くらい前にストローマンインプラントを他院入れられたとのことです。インプラントの周りの骨はほとんどなくなっておりますが、再度インプラントを入れたいとのことで来院されました。インプラントの周りの骨をまず人工骨で骨造成してからインプラントを入れれば、またしっかり咬めるようになるでしょう。設計も変更して延長ブリッジや天然歯との連結は避けてインプラントをお入れする予定です。20年の間インプラントが使用できれば患者さんも納得されているでしょう。20年使えて、同じようにやり直しをすれば、また使えるインプラントは悪くない治療法だと私は考えています。写真は初診時に撮ったレントゲン写真です。

                               %E6%AD%A6%E5%86%85%E2%91%A0.jpg

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.mediwill3.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/2371

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)