新着情報

新着情報:カテゴリー「症例」

2011年09月08日:インプラントのやり直し

かわうち歯科のかわうちです。本日は他医院で十年以上前に入れたインプラントのやり直しです。構造上の問題でインプラントに過剰の力が掛かってしまい周りの骨がなくなってしまったようです。患者さんのご希望でインプラントを除去して新しくインプラントを入れることになりました。インプラント除去後のCTでは下顎管といって神経や血管の通り道まで4ミリあるかないかの状態でした。インプラントの固定に使える骨は2ミリ位でしたのでピエゾを使用して慎重にインプラントを埋入して、同時にインプラントの周りに骨造成しました。写真は術前と術後のレントゲン写真です。かなり難しいケースですが1回でオペが終わりました。大変お疲れ様でした。

%E6%AD%A6%E5%86%85%E2%91%A0.jpg

%E6%AD%A6%E5%86%85%E2%91%A1.jpg

ページのトップに戻る

 

2011年06月30日:下顎にインプラントを

かわうち歯科のかわうちです。本日は下顎の一番奥の歯を歯根破折のために抜歯した患者さんのインプラントオペです。一番奥の歯がなくなった場合は以前はブリッジ」を延ばしていれておりましたが、ブリッジの支えとしている歯に負担が掛かりすぎる為にこのようなブリッジを入れることはおすすめできません。インプラントが第一選択となります。本日の患者さんは3ヶ月くらい待っての埋入でしたが、骨がかなり回復していたために骨造成は少量ですみました。手術時間も1本ですから、30分くらいで終了しました。少し物足りないくらいの手術でしたが、患者さんはお疲れになったのことです。大変おつかれさまでした。
                            %E7%A6%8F%E7%94%B0%E3%80%80%E6%98%AD%E4%BB%A3%E2%91%A1.jpg

ページのトップに戻る

 

2011年06月16日:インプラント治療はやり直し可能です。

かわうち歯科のかわうちです。インプラントは一度入れるとやり直しできないとお考えになっている患者さんがよくおられますが、インプラントは骨を作り直すことでまた入れることができるのです。この患者さんは20年くらい前にストローマンインプラントを他院入れられたとのことです。インプラントの周りの骨はほとんどなくなっておりますが、再度インプラントを入れたいとのことで来院されました。インプラントの周りの骨をまず人工骨で骨造成してからインプラントを入れれば、またしっかり咬めるようになるでしょう。設計も変更して延長ブリッジや天然歯との連結は避けてインプラントをお入れする予定です。20年の間インプラントが使用できれば患者さんも納得されているでしょう。20年使えて、同じようにやり直しをすれば、また使えるインプラントは悪くない治療法だと私は考えています。写真は初診時に撮ったレントゲン写真です。

                               %E6%AD%A6%E5%86%85%E2%91%A0.jpg

ページのトップに戻る

 

2011年06月11日:歯を残す処置をしてからインプラントへ

かわうち歯科のかわうちです。下顎の奥歯が治療後腫れて痛いといって来院された患者さんです。銀歯を除去して中を見てみると根に大きな穴が何箇所か開いていて炎症がおこっておりました。患者さんにお話してプロルートというセメントを使用してして暫く様子をみることにしました。銀歯もやり直して他の歯の根の治療もやりなおして1年くらい様子をみました。1年後に患者さんがやっぱりインプラントにしてほしいとおっしゃったのでインプラント治療を始めました。歯の周りは骨が大きく吸収してなくなっておりましたので大きく骨造成して同時にインプラントをお入れしました。縫合時に緊張があったので少しだけ開きましたが、歯肉の厚みが十分にあったのとインプラントを少しだけ深く埋入しておりましたので歯肉でインプラントの上が覆われました。写真は上部構造を装着したときに撮ったレントゲン写真です。インプラントの周りはほとんどが人工の骨ですが、なんの問題もなく機能しております。歯がどうしても保存が不可能で抜歯の適応でもなにかしら歯を残す方法があればそれを試みてそれからインプラント治療に移ります。

                             %E4%BD%90%E8%97%A4%E7%B6%BE%E4%B9%83%E2%91%A2.jpg

ページのトップに戻る

 

2011年06月09日:抜歯してすぐにインプラントを

かわうち歯科のかわうちです。インプラント予定の前歯を抜歯するとブリッジの仮歯か入れ歯の仮歯のいずれかをいれておりましたが、最近は抜歯してすぐにインプラントをお入れしてさらに仮歯まで装着することも珍しくなくなりました。8週間の間物を咬むことはできるだけ避けます。写真の上顎のインプラントは両側ともに抜歯してすぐにインプラントをお入れして仮歯まで装着しました。右上を先に埋入して本日左上にインプラントを埋入しました。両側ともに骨造成もしっかりと行っております。インプラント治療をされた患者さんのご紹介で来られた患者さんでインプラントが上下8本入っております。残っているご自分の歯を大切にしながら、インプラント治療も継続中です。

                            %E9%A0%88%E6%B0%B8%E6%85%B6%E5%AD%90%E2%91%A7.jpg

ページのトップに戻る

 

2011年06月02日:私の大好きな患者さん

かわうち歯科のかわうちです。本日は木曜日でオペ日です。15年以上前から来ていただいている患者さんです。私のサイナスリフト症例の第一号の患者さんです。上顎の骨が極端に少なくてその当時サイナスリフトがまだできなかった私は日本歯科大学に患者さんをご紹介しました。ところが大学病院で説明をうけられた後にやっぱり先生にお願いしたいと帰ってこられたのです。しかもサイナスリフトの第一号としてインプラントのオペを自分にしてもらいたいとおっしゃったのです。どんなことも始まりはあります。サイナスリフトのセミナーとオペ見学を十分にしておりましたが、2時間以上もかかってサイナスリフトをやっと終えました。歯槽骨に穴が開いていてシュナイダー膜が歯肉とつながっていたためにそれを剥がすときには息が止まりそうなくらいに慎重に作業をすすめていきました。剥離した瞬間にブチと音がしたように感じたくらいです。術後、私のグローブの内側は緊張のあまり汗でびっしょりとなっていていました。その後、海外に出かけることの多い患者さんのスケジュール調整しながらインプラント治療を継続おります。本日は下顎の右前歯にインプラントを足しました。これで下顎もインプラントのブリッジとして咬むことができるはずです。私はこれまでいろいろな治療をさせていただいたこの患者さんに大変感謝しております。写真は本日の術直後のものです。術後患者さんに先生うまくなったねとお褒めの言葉をいただきました。私のインプラントのことを全て知っている患者さんで、また私の大好きな患者さんです。

                              %E7%94%BA%E7%94%B0%E3%80%80%E6%AD%A3%E5%A4%AA%E2%91%A9.jpg

ページのトップに戻る

 

2011年05月19日:抜歯即時埋入インプラント

かわうち歯科のかわうちです。本日は抜歯してすぐにインプラントをお入れして骨造成を行いました。仮歯までお入れしようと思っておりましたが、骨の吸収が大きくかつ骨の高さがなかったのでソケットリフトと同時に頬側にも骨造成をしてインプラントを埋入しました。初期固定はしっかりとれましたが、仮歯までの固定は不安でしたので、今回は仮歯を入れませんでした。1時間くらいで終了しましたが、だいぶ緊張されてたみたいです。お疲れ様でした。

                            %E6%BA%90%E5%B7%9D%E3%80%80%E8%8B%B1%E4%BA%BA%E2%91%A1.jpg

ページのトップに戻る

 

2011年05月12日:インプラント症例

かわうち歯科のかわうちです。本日はオペ日です。以前右上にインプラントをされた患者さんの右上奥歯のインプラントの埋入を行いました。患者さんのご希望で入れ歯を一時的においれしましたが、なじめなくてびっくりされたそうです。当院の入れ歯は非常に優秀な技工師さんがつくっておりますのでかなりうまく出来上がってきますが、それでもなじむまでには十分な時間が必要となります。今回は2本の埋入とインプラントの外側に骨造成を行いました。時間は1時間弱で終わりました。およそ5ヶ月で歯が入って咬めるようになるはずです。インプラントであればすぐになじみますし、残った歯の負担も軽くなり食事も楽になるでしょう。 お疲れ様でした。写真はインプラント埋入直後のレントゲン写真です。

                           %E6%9D%B1%E3%80%80%E8%89%AF%E6%9E%9D%E2%91%A2.jpg

ページのトップに戻る

 

2011年04月21日:左右同時にインプラント

かわうち歯科のかわうちです。本日は左下に抜歯して1ヶ月半後、右下に抜歯してすぐにインプラントをお入れしました。左の方に骨造成が必要かと思いましたが、歯根の破折していた右のほうに骨造成の必要性がありました。抜歯後ソケットプリザべーションといって人工骨をすぐに入れることもありますが、そういう処置をしなくても意外と骨ができていることがあります。抜いた歯の周りの骨が厚くて全体を取り囲むように骨が残っている場合は骨の治りが早いように思います。右下は抜歯してインプラントをすぐにお入れして骨造成後に仮歯まで装着しました。3ヶ月後には咬めるようになるはずです。お疲れ様でした。
%E5%B2%A1%E6%9C%AC%E3%82%86%E3%81%8D%E5%AD%90%E2%91%A2.jpg


ページのトップに戻る

 

2011年04月19日:歯周病で失った歯にインプラントを

かわうち歯科のかわうちです。歯周病は歯の周りの組織が細菌の感染により少しずつなくなっていく病気と言えますが、この歯周病によって歯を失うとだんだん咬むところが少なくなってかみ合わせの力を負担する歯の数が減ってきます。その結果残った歯に過度な力が集中してさらに歯を失っていくという悪循環におちいります。最近のはやりでいうところの負のスパイラルとでも言うのでしょうか。この患者さんも最初は歯周病でブリッジの部分が悪くなり、次に入れ歯を入れられましたがさらに悪くなり、あちこちの歯周病の部分が腫れたりしてお悩みになっておりました。インプラントは歯がだめになったところから順番にお入れしていきました。まずはじめに下顎の左側に2本そして右側に2本、今回上顎に2本追加してインプラント治療が終わりました。 インプラント治療を行う前は「また腫れたよ。」とよくおっしゃっておりましたが、最近は「口の中が気にならなくなった。」とおっしゃっております。インプラントがお口に入ることで前歯を含めて残った歯にかみ合わせの力が集中しないことで、それらの歯が長持ちすることになります。下顎の骨造成や上顎のサイナスリフトなども同時におこない盛りだくさんの治療でしたが、無事ゴールに到着しました。大変お疲れ様でした。これからはメインテナンスに来ていただいて、できるだけインプラントと残りの歯が長持ちするように頑張りましょう。写真はインプラント治療終了後のレントゲン写真です。ここからがスタートです。

                             %E5%9D%AA%E6%B0%B4%E3%80%80%E5%81%A5%E5%A4%AA%E9%83%8E%E2%91%A7.jpg

ページのトップに戻る

 

2011年04月14日:骨がしっかりできていました。

かわうち歯科のかわうちです。4ヶ月前に下顎の奥歯のところに骨造成した患者さんです。最近は骨造成とインプラント埋入を同時に行うことが多いのですが、この患者さんは骨の吸収量が大きく、インプラントを固定することが難しいこと、造成後の骨のでき方が完全に予測できないこと、下歯槽管(神経や血管の入っている大きなトンネル)までの距離が短いこと、などから無理をしないで2回法のインプラント埋入としました。以前に上顎もサイナスリフト(骨造成)をしてインプラントをお入れしておりますので、患者さんも2回法に納得していただきました。今回インプラント埋入部位は骨がしっかりとできあがっていてインプラントもしっかり固定できました。十分な長さのインプラントを良い方向に入れられたと思います。写真は術前の骨造成後の写真と本日のオペ後の写真です。上顎のインプラントと下顎のインプラントの周りはほとんど人工骨です。急がば回れとよくいわれますが、こういう時は本当にそう思います。
%E5%A5%88%E8%89%AF%E4%BC%B8%E4%BA%8C%E2%91%A3.jpg
%E5%A5%88%E8%89%AF%E4%BC%B8%E4%BA%8C%E2%91%A4.jpg

ページのトップに戻る

 

2011年03月24日:歯を抜歯してインプラントを入れて仮歯まで

かわうち歯科のかわうちです。本日は歯根が歯折したために、保存が不可能となったため、抜歯してすぐにインプラントを埋入後仮歯をおつけしました。前歯の歯根の歯折はできるだけ歯を抜歯した日に仮歯までおいれすることにしております。奥歯とちがって社会生活上どうしてもなくてはならないからです。抜歯した部分には人工骨を足して隙間がないように注意しながらインプラントを埋入します。前歯部の症例ではインプラントの埋入深度と頬舌的な位置が非常に重要です。今回は抜歯の判断が早かったので頬側の骨も温存できていつもより骨造成の量が少なくてすみ、仮歯の歯肉縁下の形も理想どうりにもっていくことができそうです。写真はインプラント埋入直後のレントゲン写真です。

                             %E5%B3%B6%E7%94%B0%E6%B3%95%E5%AD%90%E2%91%A1.jpg

ページのトップに戻る

 

2011年03月07日:80才以上でも大丈夫です。

かわうち歯科のかわうちです。東京都練馬区にてインプラント、審美歯科、矯正に特化して診療しております。「インプラントは何歳くらいまで可能ですか?」とたずねられることがときどきあります。お元気であれば80歳を超えても可能です。今回の患者さんは以前、奥歯に入れ歯をお入れになっておりましたが、装着感が悪くてお使いにならなかったとのことです。ご自分がお元気なうちに歯もなおしておきたいとのご希望でインプラントをお入れすることになりました。右下の奥歯に2本のインプラントが入りました。同時に骨造成も行って骨の幅を増やしました。1時間くらいの手術時間で終了しましたが、思ったより早かったとのことです。術後の経過も問題なく順調です。


                              %E5%8D%83%E8%91%89%E7%AF%80%E5%AD%90%E2%91%A1.jpg

ページのトップに戻る

 

2011年03月01日:下顎にインプラントを追加

かわうち歯科のかわうちです。東京都練馬区にてインプラント、審美歯科、矯正に特化して診療しております。下顎の延長ブリッジが壊れたためインプラント治療されている患者さんです。前回に上と下の両方にインプラントを入れられました。今回後ろに1本インプラントを追加されました。できるだけ効率良くインプラントを入れるために、下顎のブリッジだった部分はインプラントのブリッジを選択しました。また、骨造成を同時に行いましたので、2回法としました。3ヶ月後にはまた良く咬めるようになります。お疲れ様でした。

                             %E5%8D%9C%E9%83%A8%E6%81%B5%E5%AD%90%E2%91%A4.jpg

今回の患者さんはご両親もインプラントをされておられるので、歯がなくなったらインプラントをしようとお考えになっておられたそうです。ひと昔まえまではまちがった認識の多かったインプラントですが、その良さが世代を超えて伝わっているということがなんだか感慨深い感じがします。

ページのトップに戻る

 

2011年02月24日:午前のオペはソケットリフト

かわうち歯科のかわうちです。東京都練馬区にてインプラント、審美歯科、矯正に特化して診療しております。本日の午前のオペは上顎の一番奥のところにインプラントを1本埋入いたしました。骨の量が少しだけ足りなかったのでピエゾを使用して、サイナスリフトを行いました。最近はある程度までインプラントホールを形成したあとで挙上することにしております。このほうが早いし楽だからです。上顎の奥は見えないことが多くやりずらいのですが、1時間位で終了しました。大変お疲れ様でした。

                           %E6%9D%91%E5%B1%B1%E6%98%8C%E5%AD%902.jpg


午後からのオペも頑張ります。かわうち歯科では、インプラント、審美歯科、についての無料相談を承っております。お気軽にご連絡ください。

ページのトップに戻る

 

2011年02月17日:骨造成

かわうち歯科のかわうちです。東京都練馬区にてインプラント、審美歯科、矯正に特化してしんりょうしております。歯根に穴が開いていて腫れや痛みをくりかえしていた患者さんです。一度、根の治療をさせていただいたのですが、症状が改善しないのでインプラントを選択されました。長い間炎症がありましたので、頬側の骨はほとんどなくなっておりました。インプラントと骨がくっ付いている部分は3割ほどであとは人工骨です。久々の大きな骨造成となりました。2回法で待ってインプラントを埋入するほうが多いのですが、しっかりと固定できたので同時に埋入しました。4ヶ月くらい待って歯をつける予定です。

                            %E4%BD%90%E8%97%A4%E7%B6%BE%E4%B9%83%E2%91%A1.jpg


かわうち歯科ではインプラント治療の無料相談を承っております。またインプラントの出張オペも承っております。お気軽にご連絡ください。

ページのトップに戻る

 

2011年02月15日:抜歯即時埋入して仮歯まで

かわうち歯科のかわうちです。東京都練馬区にてインプラント、審美歯科、矯正に特化して診療しております。以前に下顎にインプラントをされた患者さんです。今回、上顎の歯の歯根が割れたため、残すことができなくなりました。前歯なので抜歯してインプラントを入れて、骨造成を同時に行い仮歯をお入れしました。長い間炎症がつづいていたので、骨の吸収が大きくほとんど根の先端まで骨がなかったのですが、隣にもインプラントを入れることで連結して仮歯を入れました。写真は術直後のレントゲン写真です。8週間は強く咬めません。5ヶ月~6ヶ月でまた咬めるようになるはずです。お疲れ様でした。

                               %E9%A0%88%E6%B0%B8%E2%91%A6.jpg

ページのトップに戻る

 

2011年02月05日:サイナスリフト+ソケットリフト

かわうち歯科のかわうちです。東京都練馬区にてインプラント、審美歯科、矯正に特化して診療しております。先日のインプラント手術のレントゲン写真です。サイナスリフトを前回行ったのですが、予定どうりの骨量が得られなかったので、同時埋入をやめて今回ソケットリフトを追加してインプラントを埋入いたしました。少し短めで直径の大きいインプラントを2本埋入しました。これで5ヶ月後に入れ歯から卒業です。
                             %E7%AB%B9%E9%87%8E%E2%91%A4.jpg

ページのトップに戻る

 

2011年01月28日:ソケットリフト+GBR(午後のインプラント)

かわうち歯科のかわうちです。東京都練馬区にてインプラント、審美歯科、矯正に特化して診療しております。昨日の午後のインプラントオペです。上顎の奥歯は抜歯して1ヶ月です。ソケットリフトとGBRで骨のない部分を骨造成してインプラントをそっと埋入しました。直視できない場所の骨造成は時間がかかります。ピエゾがあっても神経を遣いました。下顎のインプラントは歯槽中隔に埋入してその周りを骨造成して縫合して終了しましたが上顎の3分の1位の時間で終了しました。下顎は2~3ヶ月後、上顎は6ヶ月後にインプラントの上に歯が入ります。大変お疲れ様でした。  

                            %E5%B0%8F%E9%87%91%E6%B2%A2%E3%80%80%E5%81%A5%E4%BA%BA%E2%91%A1.jpg


                              

ページのトップに戻る

 

2011年01月27日:抜歯即時埋入インプラント

かわうち歯科のかわうちです。東京都練馬区にてインプラント、審美歯科、矯正に特化して診療しております。本日は午前と午後んいインプラントのオペが入っております。午前中は前歯の抜歯をしてインプラントを埋入して仮歯までお入れするオペでした。予想よりも頬側の骨がなくなっていたので大きく骨造成をすることになりましたが無事おわりました。こういったオペは術後の管理が本当に大事です。8週間はあまり当たらないように気をつけます。今回は骨造成が大きかったので2ヶ月くらいは気をぬけません。手術時間はおよそ1時間30分でした。大変お疲れ様でした。

                            %E5%90%89%E7%94%B0%E3%80%80%E5%BA%B8%E5%AD%90%E2%91%A1.jpg

ページのトップに戻る