新着情報

新着情報:カテゴリー「入れ歯」

2010年08月11日:よく咬める入れ歯お作りします。

かわうち歯科のかわうちです。東京都練馬区にて、インプラント、審美歯科、矯正に特化して診療しております。入れ歯はいろいろな種類があり、さらに術者の技量によりその出来上がりはかなりちがってきます。今回は人工歯としてSAブレードティースを使って製作しました。義歯内面も動的印象法を用いて入れ歯で咬んだ時の歯茎の沈み込みを計算して作っております。患者さんのお口に入れると吸着する音がして、下顎の入れ歯もしっかりとくっ付いて動きません。患者さんの感想では「ピッタリとはいっている」とのことです。だれでにも作れそうですが、だれにでも作ることができない入れ歯です。かみ合わせの調整に使う紙は数回咬むと穴があきます。それだけ物が咬み切れるということなのです。

                              DSC_0385.JPG


                              DSC_0387.JPG


                              DSC_0388.JPG

どうです、よく咬めそうでしょう。

ページのトップに戻る

 

2010年06月22日:痛みの少ない入れ歯

かわうち歯科のかわうちです。東京都練馬区にてインプラント、審美歯科、矯正に特化して診療しております。4年間使用している入れ歯です。喫煙のため、よごれている部分はありますが、痛みがなく調整が全く必要ありません。もう少ししたら、内側にプラスチックを足して歯茎の減った部分を補う必要が出てくるかもしれませんが、今のところ問題ないそうです。この義歯の人工歯はブレード型でかみ合わせると食べ物がよく切れるとのことです。またこのブレードティースのおかげで上下の義歯の動きが少ない為、痛みが少ないのです。普通に作る義歯にくらべて、製作するのに時間がかかりますが出来上がってからの調整があまりいりません。咬めない金属の入れ歯より、咬める金属の歯の入れ歯のほうがずっといいですよ。

                            DSC_0370.JPG


                            DSC_0372.JPG

ページのトップに戻る

 

2010年06月08日:良く咬める入れ歯とは

かわうち歯科のかわうちです。東京都練馬区にてインプラント、審美歯科、矯正に特化して診療しております。食べ物を良く咬める入れ歯を製作するには、ブレードティースという金属の特殊な歯をつけた入れ歯にする必要があります。さらに入れ歯が咬みあわせの力で沈み込むことを計算してカタチを採るのです。入れ歯の歯の位置はもともと歯があった位置に配列していきます。きちんと、作られた入れ歯は動かないし、良く咬めます。さらに表情まで生き生きとして、自然な感じになるのです。

                             DSC_0366.JPG


                             DSC_0368.JPG


ページのトップに戻る

 

2010年05月12日:フェイスボー

かわうち歯科のかわうちです。東京都練馬区にてインプラント、審美歯科、矯正に特化して診療しております。かわうち歯科では、義歯を製作する際もフェイスボーとゴシックアーチをとって製作します。そのほうがより本来の咬みあわせに近い義歯を製作することができるからです。義歯も粘膜への沈み込みを計算しつくして作ります。人工歯は特別の金属の歯を使用して、咬みあわせのときによく噛み切れるようにします。ひとつひとつのステップをおろそかにしないで作り上げていきます。フェイスボーもその大事なステップです。写真はフェイスボウを採っているものです。作り方から、普通の義歯とは違うのです。

                             DSC_0285.JPG

ページのトップに戻る

 

2010年03月02日:歯があった場所に並べます。

かわうち歯科のかわうちです。東京都練馬区にてインプラント、審美歯科、矯正に特化して診療しております。入れ歯を作る場合にその歯並びを歯のもとあった場所に並べていくと、とても自然な生き生きとした表情がもどってきます。ただ、そういった入れ歯を作る為には、歯科医が入れ歯を作る必要があります。解剖学的な基準点から何ミリくらいに人工歯をならべていくか。歯の大きさ形が患者さんと調和しているか。下顎と上顎の位置は3次元的にずれていないか。などを咬合器の上で試行錯誤しながら作っていく必要があります。人工歯の選択も含めて丁寧にしあげた入れ歯は必ず患者さんに受け入れてもらえます。写真は人工歯を咬合器上で配列」しているところです。これを患者さんのチェアサイドで再度並べ直していきます。


                             %E9%85%8D%E5%88%97%EF%BC%91.JPG

ページのトップに戻る

 

2010年02月27日:よく咬める入れ歯です。

かわうち歯科のかわうちです。東京都練馬区にてインプラント、審美歯科、矯正に特化して診療しております。「よく咬めますよ、先生。」と患者さんに言っていただくと、この入れ歯を選択して本当に良かったと思います。SAブレードティースを使用した義歯です。もちろん同等に歯グキに沈み込むように計算し尽して製作します。長い間使っていただいておりますが、咬みあわせの変化も少なく、順調に経過しております。


                            nakajima1.JPG


咬めるようになって少し太られたそうです。良かったですね。

ページのトップに戻る

 

2010年02月17日:インプラント+磁石+入れ歯=咬みやすい入れ歯(無口蓋義歯)

かわうち歯科のかわうちです。東京都練馬区にてインプラント、審美歯科、矯正に特化して診療しております。総義歯の上顎が気持ち悪くてどうしても入れ歯がいれてられなかった患者さんです。下顎の入れ歯も動いて痛いし違和感があるとのことでした。お話をよくお聞きしてたら、インプラント4本で治療されたいととのことでしたので、上下の顎に2本ずつインプラントをお入れして磁性アタッチメントで義歯を支える治療方針でいくことにしました。2ヶ月の間に上下のインプラントを埋入して5ヶ月後に総義歯を装着しました。上顎は写真のように真ん中をくりぬいて無口蓋義歯としました。上下のインプラントに磁石が付いておりますのでしっかりくっ付いてはずれずらいし、かみ合わせても安定しております。術後3ヶ月ですが、痛みもなく上顎の義歯もつけていられるようになったそうです。写真は上顎の入れ歯と上下のインプラントです。とてもすっきりしていると思いませんか。

                             %E6%A3%AE%E7%94%B0%EF%BC%91.JPG


                              %E6%A3%AE%E7%94%B0%EF%BC%92.JPG

                              %E6%A3%AE%E7%94%B0%EF%BC%93.JPG

ページのトップに戻る

 

2010年01月06日:咬める入れ歯とは?

かわうち歯科のかわうちです。東京都練馬区にてインプラント、審美歯科、矯正に特化して診療しております。かわうち歯科ではインプラントだけではなく入れ歯での治療も行っております。咬める入れ歯を作る為には、人工歯の形態と材質が大事です。天然の歯と同じ形ではうまく噛み切ることは、難しいのです。写真はHAブレードティースを使用した入れ歯です。上の入れ歯のかみ合わせの部分も金属に置き換えて磨り減らないようにしてあります。患者さんの感想は「前より良く咬める。」とのことです。この入れ歯は入れ歯の沈み込みを考慮して製作しますので、入れ歯を装着してからの調整も短時間で終わります。また、入れ歯の吸着も良さそうです。

                             DSC_0083.JPG

                             DSC_0088.JPG

どうです。よく咬めそうな入れ歯でしょう。

ページのトップに戻る

 

2009年10月27日:入れ歯も好きです②(ブレードティース)

かわうち歯科のかわうちです。東京都練馬区にてインプラント、審美歯科、矯正に特化して診療しております。最近、巷ではパーフェクトぺリオなどが騒がれておりますが、入れ歯についてのご相談もありますので、当院で製作した入れ歯についてお話いたします。入れ歯も保険内の入れ歯とそうではなく、自費の入れ歯があります。今回、自費でつくった義歯のひとつを紹介いたします。咬める入れ歯を作る為には、入れ歯が歯肉にうまく沈み込むように作ること、ブレードティースを使用して咬み合わせの力の効率を上げること、ゴシックアーチを使ってピンポイントで咬み合わせを見つけること、そして左右同じ高さで入れ歯をつくる必要があります。それらの用件を充たすように作った入れ歯です。写真に写っている金属がブレードのついた入れ歯の歯です。患者さんにお聞きするとこの歯のほうが良く食べられるとのことです。

                             DSC01151.JPG

                              DSC01152.JPG


かわうち歯科ではインプラント、審美歯科、矯正の無料相談を承っております。お気軽にご連絡ください。メールによるご相談も受付中です。

ページのトップに戻る

 

2009年10月21日:入れ歯も好きです。

かわうち歯科のかわうちです。東京都練馬区にてインプラント、審美歯科、矯正に特化して診療しております。当院に来院される患者さんのうち3分の1の方はインプラントの治療を受けられた方または治療中の方です。インプラント治療自体が普通の治療法のひとつであり、なにも特別な治療法ではなくなっております。インプラント治療は非常に有効な治療法のひとつですが、インプラントをいれられるには、年齢的にも体力的にも難しい、あるいは必要なインプラントの本数が多いなどの理由で入れ歯を選択される方もいらっしゃいます。私自身は入れ歯も好きです。保険内の入れ歯には制約があって満足のいく入れ歯まで完成することは難しいのが現状です。入れ歯が歯肉の粘膜に沈み込む性質の道具であること、入れ歯の歯は食べ物をうまくカットできる形態であること、咬み合わせの位置はピンポイントで決めることなどをうまくとりいれた入れ歯はもちろん良く咬めます。さらに入れ歯の歯をもともと歯があった場所にならべることで、お顔に生き生きとした表情までもどってきます。そんな入れ歯もあるのです。

                              DSC01049.JPG

かわうち歯科ではインプラント、審美歯科、矯正についての無料相談を承っております。お気軽にご連絡ください。メールでのご相談も受付中です。

ページのトップに戻る