医療機器情報

レントゲン

パノラマレントゲン

当院では、患者さんの歯の状態を調べるのに、従来のレントゲンではなく、「デジタルレントゲン」を使っております。
それにより、より大きな画面で患部を確認していただけたり、白黒表示を擬似的にカラー表示できるなど、患者さんによりわかりやすい画像で説明できます。
また、放射線量が従来の半分に低減されているので、身体の負担も少なくなります。
左写真は、口腔内全体を撮影できる「パノラマレントゲン」、右写真は、1~3歯を対象に撮影できる「デンタルレントゲン」です。それぞれ、特徴にあわせて利用することで、より正確な診療を行うことができます。

デンタルレントゲン

ページのトップに戻る

院内感染予防

徹底した院内感染予防

川内歯科におきましては、患者様の目の触れる部分はもちろん、目の触れない部分にも気を配り、院内感染の予防に取り組んでおります。使用する器具の滅菌はもちろん、徹底した衛生管理により院内感染のリスクを最小限に抑えるよう努めております。







オートクレーブ

ページのトップに戻る

レーザー

レーザー

レーザー治療は特に、予防歯科や初期の虫歯の治療に力を発揮します。また、組織の治癒が早いという特徴もあります。歯科の現場においては、様々な場面で使用することができます。

ページのトップに戻る

インプランター

インプランター

インプラント手術に使用する外科用マイクロモーターです。適切で安全な速度で骨に穴を空けることができます。また、インプラントを骨の中に埋め込むこともできる、インプラント専用の器具です。

ページのトップに戻る

遠心機

遠心機

インプラント手術や歯周病の手術の際に、傷の治りをはやめるPRP(多血小板血漿)を作るために使います。術前に少量の採血をして遠心分離機で血小板の濃度を高めPRPを採取分離します。

ページのトップに戻る

ピエゾサージェリー

ピエゾサージェリー

硬い骨や歯等を切削しながら、やわらかい皮膚、粘膜、血管や神経等を傷つけることがありません。歯肉や粘膜を痛めずに安全な骨切除が可能となり、治療時間の短縮が期待できます。インプラントや抜歯などの外科処置に用いることで、安全で術後の痛みなどを抑えた手術が可能になります。

ページのトップに戻る