歯周病

歯周病ってどんな病気?

きれいな院内

歯周病は、歯の周りについた歯垢や歯石などによっておこる病気です。歯垢の中にいる細菌によって歯肉や骨に炎症が起こり、気がつかないうちに進行してしまいます。歯肉から血が出たり腫れて膿みが出ることがありますが、自覚症状が出たときは、歯周病が進行していることが多い病気です

ページのトップに戻る

治療法

1.軽度の歯周炎

歯の周りについている歯垢と歯石をとることで歯肉は腫れた状態から正常にもどり、健康を取りもどすことは難しくはありません。歯科衛生士のスタッフによるていねいなPMTC(プロフェショナルメカニカルティースクリーニング)によって正常な状態にもどります。

治療前 治療後
軽度の歯周炎治療前 軽度の歯周炎治療後

2.中等度の歯周炎

歯周ポケットが4~5mmくらいで歯のまわりの骨までも炎症の影響をうけています。歯肉のしたについている歯石や歯垢をとることが必要となります。場合によっては歯肉を少し開いて直接歯石や歯垢を除去します。また、歯の周りの骨がなくなっている場合は骨と歯肉の再生療法を併用します。

治療前 治療後
歯肉退縮 根面被覆術後
歯周組織再生術前 歯周組織再生術後
歯周組織再生術前 歯周組織再生術後

3.重度の歯周炎

場合によっては歯を抜く必要があります。抜いたところには、インプラントや義歯をいれることになります。ぬかなくてもいい場合も歯周炎の処置と咬み合わせで無理な力がかからないように、細かなチェックが必要になります。

重度の歯周炎

4.メインテナンス

歯周病の治療が終了したあとも、また歯周病にならないようにメインテナンスとして3~4ヶ月に1度来院されて、お口全体のクリーニングとチェックをして清潔さを保つことが非常に大切です。ぜひ定期的な検診とクリーニングを受けられることをお薦めします。

メインテナンス

ページのトップに戻る